· 

【中小企業の銀行対策】3月年度末がやってくる

今日で2月が終わり、明日から弥生3月です。

3月といえば、多くの上場企業や官公庁の年度末がやってきます。

中小企業の中でも、慣例的に3月末を決算としている会社も少なからずあるはずです。

個人事業主は、15日までに確定申告を終わらせなければなりません。

3月は、何となく、ばたついて、慌ただしく、まるで年末のようなワシャワシャ感が出てきます。

不思議な話ですが、毎年、同じです。

 

中小企業にとって、少なからず3月年度末に関連するのが金融機関との取引です。

3月決算で足並みを揃えている金融機関ですが、各営業店では、貸金、預金、その他雑もの、諸々のノルマが存在するので、営業店ではそれらノルマは必達です。

支店長も、次席も、役席も、担当ベースも、なんとなくピリピリしています。

閑散期の2月ならば連続休暇をとる金融機関役職員もいますが、3月にまさか、連続休暇取得は許されません。

貸金と預金の残高を積み増すだけではなく、延滞管理は例月以上に厳格です。

3月末に延滞となれば、融資係も、外回りも大目玉です。

クレジットカードや投信などなどの雑モノも「できませんでした」は許されないので、中小企業経営者は雑モノへのお付き合いをお願いされる可能性が高まります。

因みに、雑モノに関していうと、基本的に、よっぽどの負担にならない限り、お付き合いしてあげるのがベターです。

つっけんどんに断ってしまうと、後々、感情的なモノが残ってしまいかねません。

頼む側の金融機関役職員にしても、お願いするのは「後が無い」というのが現実で、「このくらいならお付き合いの範囲でお願いできるかな・・・」という感じでお願いしています。

 

取引先も3月決算の会社であれば、営業部門の営業担当者は、数字を追っているので、普段とは少しモードが違っていたりします。

数字に追われているのは、中小企業経営者だけでは決してありません。

金融機関の役職員も大手企業の社員も、3月決算は謂わば「お祭り」です。

 

このように、3月決算ではない中小企業経営者3月年度末は無縁ではいられません。

陽気も良くなる折角の3月をより充実した期間にしようではありませんか。