· 

【コロナ禍の中小企業経営戦略】現状維持はダメダメ

オミクロン株の猛威がなかなか収束しない中、コロナの金融支援が縮小しつつあるところで、多くの中小企業経営者が「コロナ禍、アフターコロナをどのように生き残っていけばええんやろう・・・」と不安を感じています。

飲食店の場合、オミクロン株が徐々に収束し、蔓延防止措置が解錠された後であっても、新型コロナウイルスとの闘いは事実上エンドレスに近い形で続いていくことが懸念されます。

コロナ前は、席数をしっかりと確保して、回転率を上げて、お店という箱をいかに回して売上を取りにいくかが重要視されましたが、コロナ禍では、席数を減らしながら、感染対策にかかる経費負担も負って行かねばならないわけで、従来の成功体験は全否定するところから始める必要があります。

端的に言うと、「現状維持はダメダメ」に行き着きます。

現状維持ではなく、更にギアを上げた成長路線を追求する必要があります。

そこに必要なことが、「お客様の満足度を押し上げる」ことです。

大量の集客が見込めない中にあっては、お客様にファンになって頂いてしっかりとおカネを使って頂いた上で、定期的にリピートしていただくことが絶対条件です。

逆に、度重なる出店によって借入が多くなっている場合は、更にギアを上げた成長路線を選択せざるを得ません。

不採算店舗を思いっ切り閉鎖してしまうと、残った店舗だけでコロナ前に拡張した店舗網を支えてきた設備資金借入金の返済原資を捻出することができなくなるからです。

 

しかしながら、更にギアを上げた成長路線を追求することは容易なことではありません。

難易度は相当高いと言わざるを得ません。

もしも、無借金、あるいは借入金が業容に比較して少額であれば、縮小均衡路線を選択することも現実的です。

人員を削減し、会社をダウンサイジングして本業でしっかりと利益を出せるようになるのであれば、それも選択肢から排除すべきではありません。

 

もちろん、経営者の想いの中で、これまで拡大してきた会社をダウンサイジングすることは、経営者自身の体をえぐられる想いがするのも十分わかります。

ちっちゃくして生き残りを目指すことも立派な経営戦略です。

 

更にギアを上げた成長路線を選択するのもよし、場合によっては縮小均衡を追求するのもよし、ですが、間違いなく言えるのは、現状維持は絶対にダメだと言うことは間違いありません。

 

中小企業経営者の皆さん、コロナ禍、アフターコロナを生き残るためにも、現状維持という甘ちゃん路線を排除して、更にギアを上げた成長路線か、縮小均衡か、考えてみる時間を作ってみてはいかがでしょう。