· 

【中小企業の経営改善策】社長が嫌われ者になる

コロナ禍、どの業種、業態でも、新型コロナウイルスの影響が及んでいます。

コロナ前でも、中小企業の経営環境は決してバラ色ではなかった上に、コロナ禍ともなれば、中小企業経営者の心が休まることはありません。

献身的に医療に従事していたドクターが逆恨みされるような事件も起きています。

世の中、なんとなく殺伐としている感は否めません。

 

こうした世の中なので、中小企業が経営を改善していくのは容易なことではありません。

それでは、この世の中、中小企業が経営改善をしていくために必要なことはどんなことなのでしょうか?

わたくしの経験則からして、中小企業の経営改善への早道は、一言で言えば、「社長が嫌われ者になる」ことに尽きると考えています。

社長が特に社外から感謝されるのは、社長の会社からモノを買ってくれるケースです。

「社長、いつもありがとうございます。社長には、足向けて寝られません」なんて言われたら、人間なのですから、社長は悪い気はしません。

会社がモノを買うということは、「原価をかける」、もしくは「経費を支出する」なので、原価をかければかけるほど、経費を支出すればするほど、「社長、いつも助かります。ありがとうございます!」とベタベタに感謝されるわけです。

他方、「経費を見直す」ということになると、「今までの経費支出を削る」わけなので、今まで社長にもみ手を使っていた業者の営業マンの顔色は途端に悪くなります。

「え〜、社長、それは困ります。なんとか、ウチとの取引継続をお願いしますわ。僕、このままでは会社に帰れへんやないですか」と泣きつかれたりするわけです。

しかし、収支を改善するための経費削減を実行するとなれば、このような人々を敵に回すことになります。

これは社員にやらせてはならず、社長が矢面に立って、悪者に徹すれば、経費削減を実現することができるのです。

 

人間、誰でも嫌われ者にはなりたくはありません。

こんなご時世なので、どこで逆恨みされるかもわかりません。

しかし、自分の会社をよくするため、自分の会社のおカネを増やすためならば、ここは心を鬼にせねばなりません。

この役回りは、会社の中では、社長が最も適任です。

中小企業経営者、社長の皆さん、会社を守るため、儲かるためには、自らを奮起させて、社外に対して嫌われ者に徹する覚悟が必要なのです。