· 

【中小小売・飲食業の経営者向け】両替手数料はどれだけ損か、試算してみました

今月17日より、ゆうちょ銀行(郵便局)での硬貨取扱手数料が大幅に改訂されました。

ブタちゃんの500円玉貯金が一杯になって、バチャンと割って、「さあて、いくらあるのかなあ?」なんていう楽しみ方が昔からあったわけですが、場合によっては、両替手数料で全てもっていかれかねない状況下となりました。

庶民のための郵便局だったのでしょうが、この超低金利に贖うことはできず、両替にもしっかり手数料をもらいましょ、ということになったことかと容易に想像がつきます。

 

さて、その両替手数料なのですが、

硬貨枚数別で

1〜50枚無料、51〜100枚550円、101〜500枚825円、501〜1,000枚1,100円という設定になっています。

それでは、この両替手数料、キャッシュレス化が進む中、どの位、割高なのか、あるいはお安いのか?

試算をしてみましたので以下、読み進めてください。

前提としての仮定ですが、税込み価格が10円単位に四捨五入されない価格設定を想定します。

そこで、なのですが、硬貨の大きなカテゴリーは2つです。

一つ目は、1円玉、10円玉、100円玉で、一回の現金取引で想定される枚数パターンは、最小で0枚、最大で4枚という5パターンなので、それぞれの枚数パターンの出現確率は20%となって、確率論ですが、1取引当たりの平均使用枚数は2.0枚となります。

2つ目は、5円玉、50円玉、500円玉で、1回の現金取引で想定される枚数パターンは、0枚、もしくは1枚なので、それぞれの枚数パターンの出現確率は50%、1取引当たりの平均枚数は0.5枚となります。

仮に、現金取引(レジ打ちのイメージです)100回当たりの1円、10円、100円硬貨の必要枚数は200枚、5円、50円、500円硬貨の必要枚数は50枚となります。

仮定として、客単価3,000円、レジ打ち回数100回の場合、売上高300,000円に対して、想定両替手数料2,475円なので、売上高に対する両替手数料率は0.825%となります。

客単価1,500円、レジ打ち回数100回の場合、売上高150,000円に対して、想定両替手数料は同じ2,475円となるため、売上高に対する両替手数料は1.650%にも達します。

 

同じように、客単価3,000円レジ打ち回数200回の場合の売上高に対する両替手数料率は0.688%、客単価1,500円レジ打ち回数200回の場合の売上高に対する両替手数料率は1.375%となります。

 

このように見ると、客単価、売上高共に、高ければ高いほど、両替手数料のコスパは上がります。

一方で、客単価、売上高共に少なければ少ないほど、両替手数料は大きな負担となります。

小規模、零細事業者にとってみると、今回の両替手数料負担は決して無視できない存在です。

 

他方、目線を変えてみると、同規模の飲食店や小売業のクレジットカード等のキャッシュレスの場合の手数料率が2%台中盤から3%内外であることを勘案すると、まだ「キャッシュレスよりも現金かな」と経営者は考えてしまうかもしれません。

 

しかしながら、庶民の見方を標榜してきたゆうちょ銀行の手数料アップは大きなインパクトで、ゆうちょ銀行の動きに合わせて、その他の民間金融機関も手数料引き上げに追随してくる可能性は高まります。

また、現金の管理負担も現場の店舗も無視できない存在です。

 

現金過不足が日常的に発生する現金管理の煩雑さと両替手数料の引き上げは、小売店や飲食店の店頭でのキャッシュレス化はこれまで以上に加速していくことが予想されます。

 

中小小売業、飲食店の経営者の皆さん、今般の両替手数料引き上げを契機として、自社のキャッシュレス化の推進を検討してみてはいかがでしょう。