· 

【中小企業経営者を全力応援】コロナ蔓延拡大時期だからこそ、「カネ、カネ、カネ」にこだわってみる

オミクロン株の感染拡大は、想定よりも短期間で、拡大速度は驚くほどの速さです。

あれよあれよと思っている間に、沖縄、山口等だけではなく、関西も、関東も蔓延防止重点措置がいよいよ現実味を帯びてきました。

飲食や観光といったサービス業界の経営者からすれば、「もう、またや!」であり、「ホンマに勘弁してくれ」というのが本音というところです。

一方で、感染急拡大の局面にあっても、「重症化リスクは低い」、「経済を止めるな」、「ワクチンを打ちまくれ」という世論も日増しに強くなってきて、昨年の緊急事態宣言下とは少し傾向が違っています。

 

年度末にかけて、弊所では、特例リスケの期間満了によって、経営改善計画書を策定する案件がそこそこ立ちはだかっていて、府県単位の中小企業再生支援協議会とのやりとりも含めて、わたくし北出自身もお客様の社長と共に、「気合を入れなあかん」と喝を入れているところです。

そうは言っても、感染拡大局面となると、経営者のマインドは盛り上がりを欠いてしまいます。

当たり前て言えば当たり前で、「協力金はスムーズに振り込まれるんやろか?」だし、「コロナ資金の制度融資もなくなるし、資金繰りは大丈夫やろか」だし、とにかく、前向きに、「前のめりにいきましょ」と煽ってみても、経営者の顔色は冴えないばかりです。

こうなってくると、資金繰りの見込みも、収益予想も、どうしても「リスクシナリオ」型になってしまいがちです。

しかしながら、コロナ資金を調達して、その上、特例リスケで返済を止めているとなれば、「今のままではいけない」のが当然だし、「従来のやり方とは違う新たな取り組みにチャレンジする」という必要性は高まるばかりです。

ここはわたくし北出自身も、経営者も、心を鬼にするところは鬼にして、「リスクシナリオ」を脱して、「ブッチギリの成長戦略」を明確化し、今後速やかにそれを実行に移していくのみです。

合言葉系で言うならば、「新たなブッチギリ成長戦略なくして、借金返済なし」です。

「借りたカネは返す」これが人として当たり前の道理です。

 

借金を返すために、成長戦略が必要ってのは、あべこべな感じがするし、「カネ、カネ、カネてみっともない」て声が聞こえてきそうですが、借金の返済への道筋をつけられなくて一番困るのは経営者自身です。

 

中小企業経営者は、ここは正念場と肝に銘じ、綺麗事は無しにして、こういうコロナ蔓延拡大期だからこそ、「カネ、カネ、カネ」に徹底的にこだわる必要があるのです。