【中小企業の銀行対策】資金繰りを先読みする、収益を予想する

「社長、資金繰りを先読みしましょう!」

わたくしが折に触れて、お客様の中小企業経営者・小規模事業者事業主に申し上げていることです。

往々にして、中小企業経営者・小規模事業者事業主は、売上高には強い関心を持っていますが、発生ベースの損益や、現預金ベースの資金繰りには関心が薄いケースが散見されます。

確かに、取引金融機関の渉外担当者は、決算報告書を手にすると、いち早く損益計算書(P/L)を上から順番に見ているのが通常です。

売上高は前期と比較して増えたのか減ったのか、売上総利益率は上昇したのか下落したのか、営業・経常・当期の各損益でしっかり利益が出ているか、そしてその原因を明らかにしようとします。

 

他方、中小企業や小規模事業者の経理担当者にとって、収益と同等もしくはより重視するのが「資金繰り」です。

「資金繰り」と一言で言ってしまうと難解なイメージがあるかもしれませんが、「資金繰り」の最も単純なモデルが、かつての鮮魚店や八百屋の店頭で天井から吊り下げられていた「ザル」です。

お客様から現金を受け取ったら「ザル」に現金を投入します。

仕入に行ってキャッシュオンで支払をしようとすると、「ザル」の現金を持ち出さなければなりません。

店主は、一日の営業が終了して「ザル」の中の現金を数えた結果、「ザル」の現金が増えていれば、「今日はいい一日だった」なのであり、逆に「ザル」に現金が減っていれば、「今日は残念、明日ガンバロウ」というわけです。

つまりは売上と利益が増加しても、「ザル」の中の現金が増えているとは限らないというのが、「資金繰り」の本質です。

「資金繰り」を軽視してしまうと、P/L上は利益が出ているにも関わらず、資金ショートしてしまって、「黒字倒産」という事態にも発展しかねません。

 

中小企業経営者・小規模事業者事業主は、足下の売上と仕入、経費、金融機関への返済とを資金繰り表で検証してみる必要があります。

そして、「資金繰り表」をきつめに作成して、数ヶ月先に必要となる売上高を確定させ、資金繰りと収益をセットで見極めていく必要があるのです。