【中小企業の銀行対策】 メインバンクの定義とは?

株式を上場したり、社債を公募するなどして一般投資家から資金を広く集める中小企業は、全体の中ではごくごく一握りに過ぎません。

大半の中小企業は、設備資金然り、増加運転資金然り、立替の短期運転資金然り、所要資金の調達先は、銀行等の金融機関に依存せざるを得ないのが現実です。
資金調達を金融機関に依存せざるを得ない中小企業にとって、最も大切な存在が「メインバンク」です。

間接金融が幅を効かせている我が国の中小企業では、金融機関から所要資金を調達する「間接金融」が未だ一般的です。

そんな大切な存在である「メインバンク」の定義とはどのようなものでしょうか?

 

「メインバンク」の条件として、咄嗟に思い浮かぶのが、「最も借入残高が多い金融機関」です。

確かに、債務者中小企業とメインバンクの信頼関係があるからこそ、最も融資を受けて来たというのはごくごく自然な流れで、「最も借入残高が多い金融機関」がメインバンクの定義の一つであることは間違いなさそうです。

他方で、見落としがちなメインバンクの条件が、「主たる決済場所」であることです。

お客様からの売掛金の入金が最も多い一方で、仕入先、外注先等への総合振込や従業員の給与振込を行って、手形や小切手の決済場所としていることも、大切な「メインバンク」の定義の一つです。

逆に借入残高が最も多いのにもかかわらず、手形・小切手の決済場所が別の金融機関というねじれが生じてしまうと、融資をしている金融機関担当者の目には資金の流れが把握しにくく、融資案件に取組にくくなってしまいかねません。


中小企業経営者は、融資残高が最も多い金融機関で、お客様からの入金と、総合振込、給与振込、手形・小切手の決済を集中させることによって、メインバンクとの信頼関係を深めることができることを心得ておく必要があるのです。