「算数経営」と銀行取引との関係について

 

「算数経営」と親和性が高いのが「銀行取引」です。

会社の規模の大小に関わらず、運転資金は必要です。

設備投資に際しても、金融機関から長期資金を調達する必要があります。

オーナー経営の中小企業はほぼ非上場なので、資金調達は金融機関頼みです。

中小企業経営にとって、安定した銀行取引は生命線です。

 

金融機関が中小企業が必要とする資金を融資し、定期的に融資先を評価するのに当たって、中小企業オーナー経営者にとっては、「算数経営」が想像以上の味方になってくれます。

金融機関は、「算数」が大好物です。

「算数経営」の得意な会社は、金融機関の評価もアゲアゲです。

 

わたくし北出は、中小企業オーナー経営者様と共に、「算数経営」を実行することによって、「中小企業と金融機関の橋渡し役」の役割に徹します。

 

次に、銀行取引を見据えた「算数経営」の具体的な実行策についてお話しします

 

お問い合わせはこちらから、もしくは、メールでどうぞ→email;nkitade@kitadekeiei.jp