「算数経営」とは何なのか?

「算数経営」についてお話ししていきます。

 

会社のお金を増やすために必要なことは下記の3点です。

  1. 入りを増やす
  2. 出を減らす
  3.  1. と 2. を並行実践する

 

「1.  入りを増やす」は、「売上高を増やす」です。

既存を増やすか、新規をやるかで、これは「足し算」です。

 

「2.  出を減らす」は、「原価を落とす」と「経費を下げる」です。

コストカットと、経費削減で、これは「引き算」です。

 

必要なのには、「数学」ではなく、「サンスウ」です。

「足し算、「引き算」、「掛け算」、「割り算」の4つがあれば十二分です。

微分積分や難解な演算式は、要りません。

 

 

 

「3. 1.と2.を並行実践する」は、算数経営の実務です。

1.も、2.も、3.も、全て「足し算」と「引き算」のミックスです。

 

この次に、「算数経営」と銀行取引の関係についてお話します

 

お問い合わせはこちらから、もしくは、メールでどうぞ→email;nkitade@kitadekeiei.jp