中小企業 · 28日 1月 2022
コロナ禍、また世の中、ワサワサしていて、多くの中小企業経営者は「今のままではイカン。何とかせねば」と焦りを感じているところです。 なので、既存の事業領域だけではなく、その延長線上や隣接する領域に手を伸ばしたり、全く事業に新規参入するなり、新たな試みを模索するのは当然なことです。...
中小企業 · 27日 1月 2022
オミクロン株が猛威をふるう今ですが、一番当初のコロナ拡大期からちょうど2年が経過しようとしています。 ちょうど、2年。 今や、コロナ禍が当たり前の世の中となりましたが、まだまだ中小企業に新型コロナウイルスが与えている影響は甚大です。...
中小企業 · 26日 1月 2022
本日、東京、大阪をはじめとして、全国的に相次いで感染者数が過去最高を更新、一日の感染者数が全国で7万人を突破しました。 こうした状況となると、中小企業でも、社員がいつ感染してもおかしくありませんし、社内でクラスターが起こらない保証は何もありません。...
中小企業 · 25日 1月 2022
相も変わらず、世の中、コロナコロナ。 マスコミは、「コロナで生活が大変だ」、「飲食店の困窮」などといった報道が幅を利かせていて、地上波を見ていると、気が滅入ってくるのは私だけではないはずです。 確かに、変異株は蔓延しているけれど、この先、ゼロコロナにはならず、当分はマスクが手放せないような気がしてなりません。...
中小企業 · 24日 1月 2022
一般的に、金融機関が事業先に融資を行う際、3つの事項について、審査が行われます。 どれもこれも当たり前のお話ですが、 まず、1つ目は、「何に使うのか?」です。 少し専門的に言うと、「資金使途」ですが、大きく言えば運転資金か、設備資金か、です。...
中小企業 · 21日 1月 2022
弊所では、基本的に中小企業の銀行対策を業務としているので、金融機関のリテール業務についてはやや明るくはありません。 また、企業の場合、帝国データバンクや東京商工リサーチの企業情報は存在しますが、あくまでも民間企業の独自のデータベースであるため、信用状態を包括的に網羅した企業情報というのは存在しません。...
中小企業 · 20日 1月 2022
金融機関の役割は、一言で言えば「おカネの商社」です。 おカネが余っている会社や個人から「預金」という形でお金を仕入れて、おカネが必要な会社や個人に「融資」という形でお金を販売するというわけです。...
中小企業 · 19日 1月 2022
ほとんどの業界では、業界内での序列というか、ランキングというものが暗黙のうちに成立しているように感じられます。 ただ単に規模が大きいというわけではなく、業界内で、「この会社はやるよなあ」という会社が必ずあるものです。 他方、会社は一つの組織体だけあって、それなりに「社風」というのが存在します。...
中小企業 · 18日 1月 2022
とある中小企業経営者が、さぞ自慢げに「うちの会社は無借金なんや!」とおっしゃいます。 一瞬、「無借金とは羨ましい」、「さぞ、健全経営でええですねえ」という風になりがちです。 確かに、借金をリスクと捉えるのであれば、無借金経営はある意味、健全経営と言えるのかもしれません。...
中小企業 · 17日 1月 2022
オミクロン株の感染拡大は、想定よりも短期間で、拡大速度は驚くほどの速さです。 あれよあれよと思っている間に、沖縄、山口等だけではなく、関西も、関東も蔓延防止重点措置がいよいよ現実味を帯びてきました。 飲食や観光といったサービス業界の経営者からすれば、「もう、またや!」であり、「ホンマに勘弁してくれ」というのが本音というところです。...

さらに表示する